ログインしてください

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

ロースティングスプーン

コーヒーのこと| 2018年11月13日

焙煎において焙煎者は様々なことをチェックします。
焙煎する前には焙煎するコーヒー豆の情報や焙煎機の状態。焙煎中には加える熱源の強弱、排気の状態。焙煎をするときはこれらの情報を焙煎機についている温度計やメーターなどで確認していきますが、コーヒー豆そのものの状態を直に知りたいときはロースティングスプーンを使います。
ロースティングスプーンとは焙煎中に回転してコーヒー豆を攪拌するドラムという部分に突き刺さる様に差し込まれているいるさじのことです。
ロースティングスプーンを焙煎中に引き抜くことで焙煎途中の豆を少量すくい出すことができ直接確認することができます。
このロースティングスプーン、コーヒー焙煎のイメージとして使われることが多く、焙煎の競技会のマークやトロフィーとしてよく使われる他、コーヒーを焙煎しているところの紹介写真では焙煎者がスプーンを抜いて焙煎中の豆の様子を確認するところであることが多いです。

近藤啓

Hiraku Kondo