ログインしてください

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

暮らし・スタイル

ジャブチカバ。

2018年11月12日

コーヒー生産国に赴いた時の楽しみは現地での食体験。
先日のブラジル出張で「ジャブチカバ」というフルーツを初めて食べました。

オリーブのような見た目の果物で写真のように木の幹に直に実る、少し異様な風貌の果物です。

ブラジルでは生で食べたり、ソースにして肉料理にかけて使用したりします。

河合佑哉

Yuya Kawai

ジャブチカバの木を遠目に見た時は、イルミネーションの電飾がつきっぱなしになったままの木かと思いました(笑)

味は見た目とは裏腹にフルーツトマトとライチをミックスしたような、みずみずしさと清涼感のある味わい。

一度食べると病みつきになる美味しさで、幹に実るジャブチカバの中から完熟の赤紫色になったジャブチカバをむしり取って食べます。

生産国では、日本での食事のように食べたい時に食べたいものがすぐに手に入るといった豊かさはありませんが、「そこでしか食べられないもの」という貴重な食体験が溢れています。

日本にいる時は「今日の夕食は何にしようか?」と思いをめぐらせば、当たり前のように「イタリアン?中華?肉?魚?」と際限なく様々な食べ物が浮かび上がります。

そんな日本の食文化の豊かさにありがたみを感じながら、生産国ならではの食体験で感じた「食べる感動」を、コーヒーの仕事にも活かしていきたいと思います。