ログインしてください

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

暮らし・スタイル

菓子屋ここのつでコーヒー座談会Vol.1

2018年11月15日

浅草で珈琲とチョコレートの喫茶室を営む蕪木祐介さんと、同じく浅草で『菓子屋ここのつ』を主宰する溝口実穂さん、横浜でcafenoma(カフェノマ)を主催する弓庭暢香さん、福岡「豆香洞コーヒー」の焙煎世界チャンピオン後藤さんにお集まりいただき、座談会が行われました。

The Roastで焙煎した浅煎り/深煎りのコーヒーを楽しんでいただきながら、コーヒーの焙煎や抽出について、さらにモノ選びから日常の時間の使い方、コーヒーを楽しむ空間についてあれこれとお話していただきました。


「The Roast」+ ここのつ茶寮 | Coffee Collaboration

東京・浅草鳥越のにある菓子屋ここのつ。茶寮を主催する溝口さんは普段、菓子に合わせたお茶を提供されていますが、今回は特別にコーヒーと和菓子を合わせて頂きました。そのときに撮影した美しい所作を映像におさめました。

 

座談会はじまり

編集部)
本日は、お集まり頂きありがとうございます。また座談会の会場を提供くださった、ここのつの溝口さん、本当にありがとうございます。溝口さんは普段、菓子に合わせたお茶を提供されていますが、今回は特別にコーヒーと和菓子を合わせて頂きました。コーヒーと和菓子の茶寮を楽しんで頂きながら、ざっくばらんにコーヒーやコーヒーにまつわるお話をみなさんにおねがいできればと思います。

後藤さん)
蕪木さんはご自宅で焙煎はされてたんですか

蕪木さん)
最初は手網(てあみ)で焙煎してました。そのあと手回しになって、それからちいさい焙煎機を使っていました。後藤さん最初どうされてましたか?

後藤さん)
私も手網(焙煎)からはじめました。

蕪木さん)
あのときの楽しさってまだ覚えてたりします。これがコーヒーの味なんだっていう・・すごく散らかって怒られたりもして

後藤さん)
むかし手網(てあみ)でやってて、いまこんなクリーンな環境で自宅でやけるって、けっこう奇跡だとおもいます。

編集部注)
(ここでみなさんにThe Roastで焙煎した焼きたてのコーヒー豆の香りを嗅いでいただきました)

溝口さん)
すごいあっという間に焼けちゃいましたね。

蕪木さん)
カカオもそうですけど、コーヒー豆も日本人にとって身近なものではないので、そもそも分からないことってたくさんありますよね。でもこうして目の前で焙煎して香ることでいろんなことが身近に感じられる気がします。

(次回につづきます)

プロフィール

★蕪木祐介(かぶき ゆうすけ)さん
珈琲とチョコレート『蕪木』店主。珈琲焙煎師、チョコレート技師
珈琲専門店に勤務し、珈琲の抽出・焙煎技術を学んだのち、大手チョコレートメーカーに入社。退職後、カカオ・チョコレート、珈琲に関するセミナー講師、指導・研究などを行い、2016年より浅草鳥越にて珈琲とチョコレートの工房兼喫茶を運営。

★溝口実穂(みぞぐち みほ)さん
東京・浅草鳥越にて完全予約制の実店舗「菓子屋ここのつ茶寮」を主宰。日本に古くから伝わる事を身をもって学び、変えなくて良い事と変えていくべき事を和菓子を通して伝えている。

★弓庭暢香(ゆば のぶか)さん
cafenoma(カフェノマ)をご夫婦で主催。『コーヒーのある生活』をテーマに、空間デザイナーとしてインテリアコーディネート、空間プロデュースを行う。著書「うちカフェ -自宅で楽しむ本格コーヒーとカフェインテリア(マイナビ出版)」

★後藤直紀(ごとう なおき)さん
豆香洞コーヒー」のオーナー焙煎士。日本で唯一の世界チャンピオン焙煎士(※2018年11月現在)として、豊かな経験に基づくプロファイル設計で日本のロースター界を牽引。2013年「World Coffee Roasting Championship 」優勝