メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

暮らし・スタイル

抽選で3名様「The Roastロゴ入り手動ミル」プレゼント(カリタ製)

2018年11月15日

いつもの珈琲がミルで挽いて淹れると格別な一杯に変わります。

「The Roast」のプロファイルづくりを手がける 豆香洞コーヒーのオーナー焙煎士・後藤直紀さんに、自宅でおいしいコーヒーを楽しむためのコツを伝授する「コーヒー講座」。
第1回目は豆の挽き方を教えてもらいます。

The Roast

Panasonic 「The Roast」

コーヒー豆の挽き方はグラニュー糖より少し荒い「細挽き」から、
ザラメ糖より少し細かい「粗挽き」までの範囲が一般的で、
その中間が「中挽き」となります。
ミルはできれば、この挽き目をダイヤルで調節できる器具を使ってください。
電動でも手動でもかまいませんが、
挽き方が均一にならないプロペラカッター方式の電動ミルは避けた方がいいと思います。
挽き目により、コーヒーの風味は変化します。
細挽きは味や香りがしっかり出て苦味も強くなるので、濃いコーヒーが好きな人に向いていますが、コーヒー豆に含まれる全ての風味が出きってバランスを崩すこともあります。

一方、粗挽きでは苦味や雑味が減り、
味や香りが優しくなります。苦味と同時に酸味も減ってはいるのですが、
苦味に比べ減る量が少ないためバランス的に酸味をより感じられやすくなるかもしれません。
まずは中挽きから始めて、細挽き、粗挽きと試して好みに合う風味のバランスを見つけ出すといいでしょう。
焙煎度合いとの関係では、セオリーとしては深煎りは細挽き、浅煎りは粗挽き。
色々な組合せを試して好みの風味を見つけてください。
コーヒーを淹れるときの習慣として“いつもの挽き目”を決めておいて、
抽出した結果が好みと違った場合は、挽き目で調節するといいでしょう。
たとえば、私が個人的に使っている手動ミルは挽き目が100段階に調節できますが、1段階変えるだけでも違う風味が発見できます。
挽き方の違いで、コーヒーの奥深さを味わってみてください。

Panasonic「The Roast」のWebサイト The Roast Coffee Academy 焙煎士 後藤直紀氏による「コーヒー講座」 ミル・保存編をご紹介しています。

★The Roastロゴ入り手動ミル(非売品)を抽選で3名様にプレゼントします★

【応募概要】
応募期間:2018年11月19日(月)~12月5日(水)
当選者数:3名 ご応募者の中から当選者を決定します。
当選発表:応募時にご登録いただいたご住所への発送をもって発表に代えさせていただきます。(発送時期:12月中旬)

会員登録のうえ、ログインし、
「オファーページ」からお申し込みください!

オファーページ