ログインしてください

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

暮らし・スタイル

連続インタビュー|ハイロック流 ライフスタイル

2019年01月04日

連続インタビューの最終回は、ライフスタイルについて。気持ちのオンオフの切り替えが苦手だというハイロックさんの、アトリエでの生活についてお聞きしました。

★ハイロックさんのプロフィール

アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないマルチクリエイターとしてのキャリアをスタート。デザインワークを生業とする一方で、自身の情報サイト「HIVISION」を運営し、雑誌やウェブマガジンでの連載をはじめメディア各方面にグッドデザインアイテム、最新のガジェットを紹介。著書に『I LOVE FND ボクがコレを選ぶ理由(マガジンハウス)』。
J-WAVE「ALL GOOD FRIDAY(毎週金曜11:30 - 16:00)」にて毎週生出演で東京の最新情報を発信。

第1回 ハイロック流 コーヒーの楽しみ方はこちら
第2回 ハイロック流 モノの選び方はこちら

連続インタビュー|第3回 ハイロック流 ライフスタイル

(編集部)
アトリエは都心からすこし離れた場所にありますが、こちらでの生活はいかがですか?

(ハイロックさん)
もともとオンとかオフとか切り替えるのが苦手で。だからオフの時も少しだけドライブさせておく。
例えば休みの日でもちょっとだけ仕事をするようにして、10%ぐらい態勢を起こしておく感じにしてます。

(編集部)
エンジンを切らずに、少しだけふかしているような。

(ハイロックさん)
そうですね。スイッチをオンオフするのではなく、オンにしながら音量を上げたり下げたりするような感じです。

(ハイロックさん)
東京までの2時間のドライブが、ボリュームを上げていくのにちょうどいい距離感なんです。週2日のペースで東京にいきますが、残りはアトリエで過ごしています。東京で仕事をする時がハイロックで、こっち(アトリエ)にいる時がローロック。もう少しローのときを増やしたい気持ちだけど、そうもいかないので(笑)

(編集部)
ローの時にお邪魔してしまいましたが… 今回はロングインタビューにお付き合い頂きありがとうございました。アトリエも堪能させていただきました。

(ハイロックさん)
いえいえ今日は刈込さんからのインタビューなので楽しかったです。また遊びに来てください。

連続インタビュー|第1回 ハイロック流 コーヒーの楽しみ方
連続インタビュー|第2回 ハイロック流 モノの選び方