ログインしてください

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

  • HOME
  • WCRC
  • 焙煎侍、イタリアの地に立つ-珈琲焙煎世界大会

WCRC

焙煎侍、イタリアの地に立つ-珈琲焙煎世界大会

2019年01月21日

WCRC2018(焙煎世界大会)開幕。
世界一を目指して、日本代表の仲村さんの戦いが始まります。

後藤直紀

Naoki Goto

初日はサンプルロースト(素材の鑑定)とテストロースト(実機のテスト)。提出する豆を焼くのは明日以降となりますが、ここで素材のポテンシャルや機械の癖を見極めます。味作りの骨格でもある焙煎計画を立てるための、ある意味一番重要な作業となります。

今年も相変わらず、色々なトラブルや急なルールの変更等があり現場は混沌としています。残念ですがこれが世界大会。きちんとコントロールされた国内大会との一番の違いがここにあります。

他の国の選手はラフな国内大会を勝ち抜いて来ている人もいるので、理不尽なビハインドでもそれを吹き飛ばすタフさや、混乱に乗じてグレー(たまにブラック)なポイントを付いてくる強さまで持っています。

対する仲村さんは準備の鬼、少々の事があっても全て想定内。動じず、正攻法で正々堂々と立ち向かいます。素晴らしい。まるで侍の様だ!