メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付
  • HOME
  • Barista
  • ラテアートの描き方 ~孔雀~

Barista

ラテアートの描き方 ~孔雀~

2019年04月16日

今回は孔雀のラテアートです。

描き方は
まず、カップ左端にスローハートを描きます。
右手と左手をうまく連動しながら注ぎます。
特に左手が大切です。出来上がるラインを見ながら、左手を少しずつ返しながら奥に流し込んでください。

左下にスローハートをうまく描いたら、右スペースができます。そのスペースに小さなリーフを二本と小さなチューリップを描きます。
ポイントは、1本目のリーフ、2本目のリーフ、3個目のチューリップの間の間隔を均等にすることです。
均等にすることでバランスよく見えます。

あとは、最後の切りの3個を中央にしっかりよせることが大切です。ダーツで中央のマトを射るようなイメージです。

カップをうまく回転させながら描くと描きやすいです。

最後に鳥の顔と首を描いたら完成です!

アンバランスなラテアートもカップの口径にうまく、1つ1つのパーツを配置すればバランスの良いラテアートになります!

是非ご参考ください。

下のラテアートはお花。
スローからリーフを引っ張って、逆側に小さなリーフを描きます。中央にドットを5つおいて最後にドットの中央に高い位置からミルクを注ぎ入れ、5つのドットを中央に引き寄せ、完成です!

安藤貴裕

Takahiro Ando