ログインしてください

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

  • HOME
  • コーヒー農園
  • アダ・ファーム農園レポート 4月 ~収穫シーズンが終わりました~

コーヒー農園

アダ・ファーム農園レポート 4月 ~収穫シーズンが終わりました~

2019年04月28日

先日4月27日に、今期最後の収穫を行いました。精製工程を終え、保冷庫で休ませた後は、安田珈琲2019としての出荷が待っています。

徳田泰二郎

Taijiro Tokuda

例年よりも遅く、1月に始まった今期の収穫は、4か月かけながら計10回行われました。

今年の収穫期は雨が特に多く、果実が破裂してしまったり、傷んでしまったり、落ちてしまったり・・・なかなか思い通りの収穫ができませんでした。

予想よりも収穫量は減ってしまいましたが、ポイントポイントで、素晴らしい果実を収穫することができたのではないでしょうか。

「良質な完熟果を収穫する」ことがとても大切なことなのですが、沖縄の場合、天候が不安定なため同じ完熟でも果実の表情がその都度異なり、色だけでは判断することができません。木々の個体差、その年の天候、収穫前の天気などが影響してきます。

見て、触って、食べてみて、夫婦でその日の収穫ポイントを共有してから収穫を始めます。初めての収穫から10年近くたちますが、いまだに強烈なストレスがかかるとても大切な作業です。

今は、その期間を無事終えたことに、少しホッとしています。

今年1回目の開花の山は4月11日(旧暦3月7日)。最後の収穫を迎える前に、来期の収穫に向けた開花を始めています。

開花は、これから約2か月の間、続きます。開花期、細胞分裂期、肥大期、熟期・・・その間、夏の高温・干ばつ、台風、冬の低温、長雨などなど、コーヒーにとって厳しい試練が待っていますが、来期も素晴らしい果実が収穫できるよう、しっかりと手入れしていきます。