メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

コーヒーのこと

福岡人気カフェ「FUK COFFEE」でセミナーを開催しました

2019年06月25日

福岡の春吉にあるFUK COFFEE 様にて、ドリンクのサービスとセミナーを行いました。

まずセミナー前の2時間、お客様にコーヒーを提供しました。
日頃の環境とは違う環境でコーヒーをいれることは自分自身の為にもなります。いつもとは違うエスプレッソマシンとグラインダー、豆も違います!
外部でコーヒーを提供するとき気をつけてることがあります。
それは、お店のスタイルを崩さないこと。普段からお客様に提供しているFUK COFFEEのコーヒーの味わいを崩して提供したらお店のマイナスイメージにもなりかねません。
忠実にお店のレシピを聞いた上でエスプレッソ、ラテ、アメリカーノなどを提供します。
バリスタが変われば味も変わる。これは人の手が加わるのである程度仕方がないことだと思います。しかし、そのある程度が味わいのストライクゾーンに入っておくことが大切だと感じます。どのようにしたら、ストライクゾーンに入るのかを考えながら練習をやっていかねばなりません。

提供後、セミナーを2時間やりました。初心者〜経験者計10名。初心者〜経験者がいりまじって教えるときは、それぞれの力量に応じてグループ作りをします。今回は初心者4,中級3,上級3とうまくわけることができました。グループ作りをすることで、仲間意識もうまれ、ライバル意識も同時に生まれます!
切磋琢磨、頑張ってもらいました。初心者の人は経験者の人のラテアートをみて、「これから頑張ったらここまでできるんだ」とやる気を持ってもらえると、教えてる側も嬉しいです。
ラテアートも許容範囲が必要です。先程の味わいの話とかぶりますが、ある程度妥協点も必要かと思います。完璧なものをつくるのがベストですが、なかなか100発100中は難しいです。平均点をあげ、ストライクゾーンにいれるのがラテアートも大切です!

100発100中になる為に、日々の努力を惜しまないようにしないといけませんね。

安藤貴裕

Takahiro Ando