close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

Culture

時代を感じるコーヒーカップ

2019年08月28日

 

河合佑哉

Yuya Kawai

倉庫にストックされていた昔のコーヒーカップ。各生産国の国旗と銘柄を印字したカップです。

当時はこれでストレートコーヒー(シングルオリジン)を楽しんだのでしょうか。今はお店のバックヤードでスタッフ用コーヒーカップとして活躍しています。日本でコーヒーの飲用が広まったのは、戦後から高度経済成長期にかけて。コーヒー業界ももれなく景気がよかったこともあり、コーヒー生豆の仕入れ先などからこのような販促物が配布されたり、自分たちでオリジナルで作ったりしていたようです。

このコーヒーカップ。20世紀後半のどの年代のものかわかりませんが、ブラジルの印字も斜めで・・・スタッキングカップのはずなのにグラグラするし・・・

きわめつけにモカ・マタリの国名がサウジアラビア。(現在はモカマタリはイエメンのコーヒーとして流通しています。)