メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付
  • HOME
  • コーヒーのこと
  • 「ジャパン ブリュワーズカップ2019」決勝大会にてThe Roastを紹介しました

コーヒーのこと

「ジャパン ブリュワーズカップ2019」決勝大会にてThe Roastを紹介しました

2019年10月04日

SCAJ2019の会場内で「ジャパン ブリュワーズカップ2019(JBrC2019)」が開催されました。JBrCとは、コーヒー抽出の国内競技会です。
ペーパードリップ、ネルドリップ、フレンチプレス、エアロプレスなど機械的動力を伴わない手動の器具を、競技者が自身で選択し抽出技術を競う競技会であるため、そこから生み出されるコーヒーの味わいも多様であり、コーヒーの魅力をどのように引き出すか、技術や知識とともに、競技者の個性と創意工夫が問われます。

決勝まで勝ち上がった競技者の方々のプレゼンテーションが終わり、結果発表を待つ間、大会スポンサー企業によるPRタイムがありました。今回、シルバースポンサーとして参加した、パナソニック「The Roast」は、焙煎世界チャンピオンの後藤直紀さんより、「The Roast Expert」の活用法をお話いただきました。

The Roast

Panasonic 「The Roast」

後藤さん:「ブリュワーズカップ」は抽出の技術がすごく高度に進化していて、素材に対する要求レベルもものすごく高くなっています。特に決勝大会や世界大会で使われる素材は“トップ オブ トップ”のコーヒーです。
そういうコーヒーにはいろいろな表情があって、焙煎によってかなり変わります。よって、バリスタの方は、その豆がどんなポテンシャルを持っているのか、どんなフレーバープロファイルがあるのかを、ロースターと一緒に何度も検証を重ねて味を作り、その味を確認した上でプレゼンすることが必要になります。
ところが、そういう豆は1kgで何万円もするような、かなり高価な豆です。何回もミスしたり検証したりするわけにはいきません。また、練習と本番で出すコーヒーが違うのは問題になるので、すごく高いレベルでの再現性が求められます。

「The Roast Expert」は一回に焙煎する豆の量が少なくて済み、再現性が非常に高いマシンなので、実際にブリュワーズカップに限らず、これまで様々なコーヒーの大会でチャンピオンになられている方や決勝を目指している方にも使っている方々がたくさんいます。これから決勝を目指す方にも、「The Roast Expert」を使っていろいろな焙煎を試して、それが抽出によって味がどう変わるのかというのを検証していただければいいかなと思います。

そして、いよいよ、結果発表。
埼玉県のBespoke Coffee Roasters の畠山大輝さんが見事、優勝されました。おめでとうございます!世界大会に向けて頑張ってください。