メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付
  • HOME
  • CoffeeLife
  • 札幌珈琲マルシェ2019番外編「ニッカウヰスキー蒸溜所」

CoffeeLife

札幌珈琲マルシェ2019番外編「ニッカウヰスキー蒸溜所」

2019年10月21日

マルシェは無事閉幕し、1日だけ北海道観光を行いました。
北海道観光は札幌観光大使でもある札幌の丸美珈琲の後藤英二郎さんに案内役をお願いし、おすすめスポットを巡ってきました。

その中でもっとも素晴らしかったのが「ニッカウヰスキー」で有名な余市の蒸溜所です。

河合佑哉

Yuya Kawai

余市の蒸溜所といえばNHKの朝の連続ドラマ小説「マッサン」の舞台ともなった場所で、まだ記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?

この蒸溜所はまだ現役で稼働しており、蒸溜中に石炭をくべる現場や、ウイスキーを詰める前の木樽が敷地内をフォークリフトで運ばれていく様子なども見ることができます。

そしてなんといっても「マッサン」の登場人物のモデルになった竹鶴政孝氏の使用していたウヰスキー製造のためのノート(実物)や、竹鶴氏のかけがいのない伴侶リタのために(リタが故郷のスコットランドから離れて暮らすのに寂しくならないように)建築したと言われている洋風造り母屋やティーハウスも見ることが出来ました。

日本にあるウイスキーの蒸溜所は「水と空気の綺麗な場所」が多いと言われていますが、もれなく余市も自然の豊かで空気の美味しいとても居心地の良い場所でした。

そして歴史を感じさせる赤レンガ造りの蒸溜所の建物、敷地内に香るほのかなピート香と蒸溜前の「もろみ」の香り。
そんな空間の中で竹鶴氏とリタの物語に想いを馳せるのも、とても素晴らしいひとときでした。

ウイスキーもコーヒーと同じ「一杯」と表現される嗜好性の高い飲み物ですが、日本のコーヒー文化ではまだあまり聞いたことのない、心ときめく歴史や作り手のストーリーがここにはありました。
いつか日本のコーヒー文化にもこの余市で生まれた竹鶴とリタのような物語が生まれる日がくるのでしょうか。

そして、こんな空気と水の綺麗な場所でコーヒーを淹れて飲んだら美味しいだろうなぁ、そんなコーヒーイベントができたら楽しそうだなあ、とひそかな目標を胸に余市を後にしました。

北海道観光でとってもおすすめの「ニッカウヰスキー蒸溜所」でした。