close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付
  • HOME
  • Professional
  • 一度は行って欲しい!コスタリカ観光のススメ。

Professional

一度は行って欲しい!コスタリカ観光のススメ。

2020年05月30日

これまでたくさんのコーヒー生産国に仕事で訪問してきましたが、もしプライベートな観光旅行で行くなら私の一番のおすすめはコスタリカ。

コスタリカというと世界のコーヒー生産国の中でも「コーヒーの先進国」として有名なのです・・・が、旅行好きな一部の欧米人の間では「エコツーリズム」と呼ばれる自然観光で人気の国でもあります。

河合佑哉

Yuya Kawai

「エコツーリズム」というとまだ日本では聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、例えるなら雑誌やテレビ番組でも有名な「ナショナル ジオグラフィック」の世界。

自然豊かな日本に住んでいる私でさえも、不思議の国の世界に迷い込んでしまったかのような錯覚をしてしまう個性豊かな植物を随所で見ることができました。
(私は遭遇したことがありませんが)生息している動物も多種多様で、エコツアーと呼ばれる自然散策では色鮮やかなカエルや蝶々などの珍しい動物や虫たちが見られるそうです。

下の写真は、エコツーリズムが人気の地域で宿泊したホテルとそのレストラン。
(詳細はURLへ)
洗練されたレトロモダンなロッジホテルでした。

https://www.trogonlodge.com/

私の経験の中で最も印象的だったのは「ケツァール ウォッチング」。

「ケツァール」は世界で最も美しい鳥と呼ばれ、野鳥好きの方の間ではとても有名な鳥。
日本の漫画史に残る名作「火の鳥」のモデルになったのもこのケツァールだったとか。
(実は、ゴルピーコーヒーのパッケージにデザインされている鳥もケツァールです。)

コスタリカではその「ケツァール」を見に行くツアーが人気で、いつかの機会にたまたま参加させていただくことができました。
まだ朝靄がかかる肌寒い森の中で、少し甲高い鳴き声と共にケツァールが現れた時は、とても神秘的な気持ちになったことを覚えています。

下の写真は私が下手くそにしか撮影できなかったケツァール。

※「ケツァール ウォッチング」は検索してみるとたくさんの日本語ページもありました。
ぜひそちらもチェックしてみてください。

コスタリカがおすすめの理由のもう一つは、近代的な都会だということ。
先の「ナショナル ジオグラフィック」の話をしていると、コスタリカはアマゾンのジャングルのような、とんでもない自然豊かすぎる国なのではないかと思われてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

現在、数ある中米諸国の中でコスタリカは一位、二位を争うほどの経済発展の真っ只中。
(その経済発展の原資が環境産業!)
だからホテルやモールは清潔で安全ですし、生活文化も発達しています。

食文化の面から見ても、肉も魚も美味しく(特に魚介が有名)、もともとスペイン領ということもあり、タパスやパエリアのようなスペイン料理も味わえます。
また経済発展をきっかけに、諸外国の多様な文化も流入しています。
(最近ではインドカレーやクラフトビールの専門店も見かけたり。笑)

そんな豊かな自然環境と、経済発展の真最中の都会の生活がミックスされたコスタリカ。
私自身も観光旅行で行ってみたい、おすすめの国です。