close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

Professional

2020年11月24日

名古屋にてセミナー

名古屋にて
今回はセミナーを教えるのではなく受けにいきました。

昔から知り合いで
信頼のある先生です。

その先生は
理論的かつ論理的に教えてくれます。なので1つ1つ教わることに説得力がありますし、言葉に重みがあります。

ラテアートに関して
うまくなろうと思えば
正直、うまい人の動画をみて
それをそのまま練習したらよいでしょう。

しかし、それはあくまでもうまい人のコピーにしかすぎません。そして、その人がいざ教える立場になるとなかなか言葉で説明できないでしょう。

なので、言葉でも教えれるように理論的に構造をしっておく
必要があります。

嵩上げの量や回数、カップの角度、注ぎ姿勢、カップの持ち方、注ぎ始めのスタート位置などなど。

僕自身、セミナーをうけるとき
新しい知識を一回インプットし、実践し、自分のものになって立証できたら、人に教えれるようアウトプットします。

インプット→アウトプット

この流れをしっかり作り上げることで、一回教わったことも
なかなか忘れないでしょう。


理論的に構造をしることで
久しぶりラテアートをする際もおそらくある程度はできると思います。

なぜならラテアートの説明書を自分自身持ってると思うからです。

体感でもちろん覚えることも
大切ですが、頭を使って覚えることも大切です。

僕自身セミナーを教える立場ですが、セミナーを教わるときは
プライドは捨てしっかり教わります。自分自身知らない知識がたくさんあると思いまし、その知識を身につけることでさらに成長すると思うからです。

プライドが高いのも大切です。
しかし、プライドを捨て素直に意見をきき、とりいれるのも
時には大切になるでしょう。

教わることを怠らず。

いつまでも先生でありながら
自分は生徒でいたいと思ってます。

日々暮らしていく上で
何かしら参考になればと思います。

Takahiro Ando

52

0