close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

コーヒー器具

2021年08月02日

はじめに知りたいコーヒーの話

自宅で楽しむコーヒーの淹れ方、その種類と特徴

家でおいしいコーヒーを楽しみたい。そう思ったとき、まず手にしやすいのはコーヒーメーカーやハンドドリップかもしれません。ここでいう「コーヒー」とは、レギュラーコーヒーのこと。対して粉を溶くだけの手軽なものを「インスタントコーヒー」と呼んでいます。

コーヒー粉をペーパーフィルターに入れ、その上からそっとお湯を回すように注いでいく……。コーヒーを淹れるというと、真っ先に思い浮かぶシーンでもありますね。

このほかにも、コーヒーにはいろいろな種類の楽しみ方があります。器具や方法の違いによって、味わいも違ってくるのがコーヒーの難しくも、おもしろいところです。

今回は、そのうち自宅でも楽しみやすいものピックアップしてご紹介します。


パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

コーヒーメーカー

水とコーヒー粉をセットするだけで、コーヒーの抽出までを自動化したマシンです。最近はペーパーフィルターが不要なもの、浄水機能、豆を挽くミル機能がついたものなど機能も多彩に。さらに、豆を挽くところから抽出までをすべて全自動でできるものも登場しています。
コーヒーを飲む人数が多い、時間はかけられないけれど味にはこだわりたい、いつも一定の味を求めたい、という人におすすめです。


Kalita WAVEドリッパーセット(ガラスドリッパー185ブラック+500サーバーG)

Kalita WAVEドリッパーセット(ガラスドリッパー185ブラック+500サーバーG)

ペーパードリップ

自分で淹れるコーヒーのなかで、もっともメジャーで手軽な方法です。
ドリッパーとサーバー、ペーパーフィルター、ドリップポット(ケトル・やかん)を使います。コーヒー豆は中挽き〜中細挽きを使うのが一般的です。
抽出後の手入れもいらず、ペーパーごと粉を処分できるので初心者にも始めやすいですが、お湯の温度や注ぐタイミング、スピードなどで味わいが大きく変わるため、「自分好みの味」を追求する楽しみもあり、多くの人を魅了しています。


ハリオ HARIO DPW-3 [ドリップポット ウッドネック]

ハリオ HARIO DPW-3 [ドリップポット ウッドネック]

ネルドリップ

ハンドドリップの際、ペーパーフィルターの代わりにフランネルという布素材でできたフィルターを使った方法です。ペーパーに比べて目が粗いため、コーヒーの油分やコクを余すところなく抽出でき、濃厚でまろやかな味わいが楽しめます。また、使い続けるうちに目のつまり具合が変わってくるので、ネルの状態を見極めた抽出の微調整が必要です。そのため、「ネルフィルターを育てている」という愛着を抱く人も多いようです。
一方で使い捨てのペーパーと違い、水に浸しての冷蔵保管や、使用前後の水洗いなど、衛生的に保つよう小まめな手入れが必要です。


BODUM KENYA ボダム ケニヤ フレンチプレス 350ml ブラック

BODUM KENYA ボダム ケニヤ フレンチプレス 350ml ブラック

フレンチプレス(コーヒープレス)

フランスで誕生した抽出法で、コーヒー粉の量やお湯の温度、抽出時間などを守れば、誰でも均一的な味が楽しめるのがこの方法。
専用ガラスポットにコーヒー粉とお湯を入れて抽出を待ち、プランジャーと呼ばれるバーを押し下げ、コーヒーの粉と抽出液を分離させれば完成です。
金属フィルターはコーヒーの油分が吸着しづらく、旨味が凝縮された成分も一緒に抽出できるので、コクと深みのある味わいになるのが特徴です。


エスプレッソマシーン

イタリアの文化に欠かせない、濃厚で粘度の高いコーヒーです。極細挽きのコーヒー粉に、専用のマシンで圧力をかけ一気に抽出します。少量の湯と、短い抽出時間で仕上げるため、独特の濃厚なコクと、雑味のないコーヒー本来の味わいが出ると言われています。
家庭でも楽しむ人が増えており、手頃な価格の小型マシンもありますが、さらに小型で低価格な、ガスコンロで使える直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)も人気です。
ちなみに、このエスプレッソに、泡立てたミルクフォームと蒸気で温めたミルクをすべて同じ比率で加えたものがカプチーノ、温めたミルクを加えたものがカフェラテと呼ばれます。


HARIO (ハリオ) コーヒー サイフォン ミニフォン 1杯用 DA-1SV

HARIO (ハリオ) コーヒー サイフォン ミニフォン 1杯用 DA-1SV

サイフォン式

ガラス製のロートとフラスコを使い、下からの蒸気圧で抽出する方法です。ガラス越しにぽこぽことお湯が沸き、コーヒーが抽出されていく様子は、まるで化学実験のよう。昔ながらの喫茶店やカフェで見かけることが多く、特別感たっぷりの抽出法ですが、アルコールランプを使って自宅でも楽しめます。方法やコツを理解すれば、いつでも一定の味が出しやすいと言われ、すっきりとしたクリアな味わいが特徴です。


コールドブリュー(水出し・ダッチコーヒー)

コールドブリュー(水出し・ダッチコーヒー)

コーヒーの粉を水に浸し、6時間から一晩ほどかけてゆっくりと抽出する方法です。最近では、カフェのメニューやペットボトルコーヒーにも「コールドブリュー」と表記のあるものが増えてきました。
コーヒーの油分や苦み成分は水に溶け出しにくく、そのためすっきりとした、雑味のないクリアな味わいに仕上がります。ゴクゴクと飲みたいアイスコーヒーにぴったりの抽出法です。


参考文献:
『ティー&コーヒー大図鑑』(講談社)
『最新版 珈琲のすべて』(枻出版社)

目次:はじめに知りたいコーヒーの話

  1. 自宅で楽しむコーヒーの淹れ方、その種類と特徴
  2. コーヒー豆とコーヒー粉、どっちを選ぶのがおすすめですか?
  3. 種類と用途で選ぶ、コーヒー豆の挽き方

この記事で紹介されたモノ

AKATITI 直営店

Kalita WAVEドリッパーセット(ガラスドリッパー185ブラック+500サーバーG)★送料込み★

5,390円(税込)

初心者からプロのバリスタまで…誰もが手軽に、ベストな味わいをお楽しみいただけるKalitaオリジナルの「ウェーブシリーズ」より、ドリッパーとサーバーをセットでお届けします。ユニークな形状のドリッパーは底が平らなのでお湯が粉に均一になじみやすく、かつ長時間フィルターとウェーブゾーンにコーヒー液がとどまらないので、雑味成分の抽出が少なく美味しさだけをドリップできます。透明感が美しい耐熱ガラス製のドリッパーと、ガラスの持ち手のサーバーのセットです。

  • 〈ガラスドリッパー185〉
  • 材質:本体=耐熱ガラス、ホルダー=ポリプロピレン
  • 生産国:中国
  • 本体サイズ(mm):130×110×82
  • 本体重量:120g
  • ウェーブフィルター185(2~4人用)専用
  • 〈500サーバーG〉
  • 材質:耐熱ガラス製
  • 生産国:タイ
  • 本体サイズ(mm):160×122×117
  • 本体重量:220g

商品購入サイト

AKATITI 直営店

Kalita ドリップポット スリム 700SSW(Kalita Made in TSUBAME)★送料込み★

16,500円(税込)

世界的にも高度な金属加工技術で知られる新潟県燕市。この町の厳しい品質基準をクリアした証『Made in TSUBAME』の刻印が輝く、木製ハンドルのスリムポット。スタイリッシュなデザインに温かみのある木製ハンドルが特徴の、見た目の美しい、お手入れもしやすいポットです。

  • 材質:ステンレス18-8製
  • 生産国:日本
  • 本体サイズ(mm):230×100×190
  • 本体重量:330g
  • 板厚:0.6mm
  • 接地底径:約97mm
  • 満水容量:700ml

商品購入サイト