close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

コーヒーを知る

2021年08月02日

はじめに知りたいコーヒーの話

種類と用途で選ぶ、コーヒー豆の挽き方

コーヒーは粉で購入するよりも、豆の状態で飲む直前に挽くのがもっとも香りを楽しめる、前回はそんなお話をしました。

今回は、豆の挽き方について。
コーヒー専門店では、粉で買うと挽き方について尋ねられます。家で挽こうと思ったら、ミルのダイヤルにはメモリがいっぱい。さてどうしましょう。

そもそも、コーヒー豆にお湯を注いでも、成分はほとんど抽出されません。豆を挽き、細かくすることによってお湯と触れる表面積が増え、コーヒーらしい色や味わいなど豆に含まれる成分が溶け出します。

器具に合わせて粒度が変わります。

粒度(りゅうど)とは、コーヒー豆を挽いたときの粒の大きさのこと。
コーヒー豆を挽くときは、まず自分がどんな方法でコーヒーを淹れたいかを考えましょう。

全日本コーヒー公正取引協議会に定められた5段階の挽き方と、それにぴったりの抽出方法をまとめました。

粗挽き

ザラメ糖ぐらい、もしくはそれ以上の粗さ。
フレンチプレス、パーコレーターなど、抽出時間が長い方法に最適。

中挽き

ザラメ糖とグラニュー糖の間ぐらいの粗さ。
ネルドリップやサイフォンコーヒーに最適。

中細挽き

グラニュー糖ぐらいの粗さ。
ペーパードリップや家庭用コーヒーメーカーに使うことが多い。一般的に、市販の「粉コーヒー」は中細挽きがほとんど。

細挽き

グラニュー糖と白砂糖の間ぐらいの粗さ。
水出しコーヒー(コールドブリュー)に最適。

極細挽き

細挽きよりさらに細かい、白砂糖ぐらいの粗さ。
蒸気で一気に抽出する、エスプレッソコーヒーに最適。

好みに合わせて粒度の調整も

いずれの場合も、コーヒー豆を粉に挽くときは「使うぶんだけ、そのつど」が基本です。

基本の挽き方で試したあとは、好みに合わせて微調整をしてみてください。
同じペーパードリップの場合でも、より濃くどっしりとした味わいにしたい場合は、少し粒度を細かく。反対に、あっさりと軽めに仕上げたいときは、少し粗めに。同じコーヒー豆でも、粒度の違いで味わいの違いを楽しんでみるのもひとつです。

粒度の違い、お湯の温度や注ぐスピード、さまざまな条件が重なり合って、コーヒーの味わいが生まれます。
「自分好みのコーヒー」を探るひとつの指針として、「粒度」にもぜひ注目してみてください。