close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

コーヒー豆

2021年09月15日

はじめに知りたいコーヒーの話

機能もデザインも!おすすめのコーヒー豆保存容器

コーヒーの楽しみは、味わいだけにとどまりません。コーヒーにまつわるグッズは、機能やデザインも多種多様。自分の好みや暮らしにあったものを選ぶ楽しみも魅力です。

今回は、そんなグッズのひとつ、コーヒー豆の保存容器の選び方について。デザインだけでなく、おいしく保存するためのポイントも交えながら、自分にぴったり合うものを見つけてみてください。

保存のポイントは、密閉性!

コーヒー豆保存用のキャニスター

コーヒー豆の保存で気をつけたいのは、湿気と急激な温度変化、紫外線、そして空気に触れることです。

おいしく飲めて続けやすい、コーヒー豆の保存方法

さらに日常的に飲むコーヒー豆で一番気をつけたいことは、「空気に触れること」、つまり密閉性です。保存容器を選ぶときは、蓋の内側にゴムや樹脂のパッキンがついた密閉性の高いものがおすすめです。

日常的に飲むものなら、ガラスジャーもOK

コーヒー豆保存用のガラスジャー

コーヒー豆の保存は、2週間〜1ヶ月程度であれば、ガラスジャーでも味わいや香りに大きな変化はないとされています。ただし、直射日光が当たる窓辺や、極端に低い位置に垂らしたライトの真下など、強い光が当たる場所はできるだけ避けましょう。
ガラス越しにコーヒー豆が見える様子も、たまらないインテリアになるはずです。

キャニスターと袋、どっちがいい?

キャニスタータイプ

コーヒー豆保存用のキャニスター

常温保存に向いているのがキャニスタータイプの保存容器です。
ガラスジャーや茶筒のような缶、琺瑯など素材もデザインもさまざまなので、好みのインテリアに合わせてデザインを選んでみてください。

いずれの素材もあまり大きすぎる容器を選ばず、コーヒー豆の容量にあったサイズを選ぶのも忘れずに。空気に触れる量が多いと、劣化を早める原因となってしまいます。

袋タイプ

チャック付きコーヒー豆袋

多くのコーヒー豆は購入時、アルミやクラフト素材などの袋に入っています。チャック付き保存袋に入れ替える、という場合もこちらのタイプにあたります。
袋のまま保存する場合は、中の空気をしっかり抜いてチャックを閉じておけばOK。クラフト素材は密閉がしづらいため、4〜5日で飲みきる場合でなければキャニスターやアルミ袋などに移しかえるのがベターです。

どうしても飲みきれず、自分で買った豆を冷凍保存したいという場合は、チャック付き保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫へ。内部の空気が抜けるガス抜きバルブ付きのものがおすすめですが、手に入らない場合はキッチン用の保存袋でも。飲むときは、30分ほどおいて常温に戻す必要があるので、一回分ずつ小分けにしておくと便利です。

内部の空気が抜けるガス抜きバルブ

内部の空気が抜けるガス抜きバルブ

チャック付のコーヒー豆袋

チャック付のコーヒー豆袋

タイプ常温保存冷蔵・冷凍保存特徴
キャニスタータイプデザインが豊富
袋タイプ長期保存に向く

構成・文/藤沢あかり スタイリング/弓庭暢香

はじめに知りたいコーヒーのはなし

「コーヒーって、ちょっとむずかしい」「コーヒー豆の選び方がわからない」。そう感じたら、ぜひここをのぞいてみてください。おいしいコーヒーを楽しむためのお話を、わかりやすくまとめました。

目次に戻る

akatiti

91

0

おすすめコーヒー豆の保存容器

ハリオ/Hario ボナ・琺瑯ティー&コーヒーキャニスター...

琺瑯製のキャニスター。
琺瑯とオリーブウッドとの組み合わせによるナチュラルな雰囲気をお愉しみいただけます。茶葉やコーヒー粉を約200g入れることができる、何かと便利なサイズ感です。

AKATITI直営店

カリタ/Kalita ALL CLEAR BOTTLE 3...

コーヒー豆をインテリアに

フタまで透明で中身が見えるキャニスターは、コーヒー豆などをおしゃれに保存できます。 広口だからコーヒー豆が取り出しやすく、お手入れも簡単で実用的なところも魅力。 ガラス製で匂い移りが少なく、抗菌パッキンで衛生的です。

容量1,000mlと大容量で、コーヒー豆だと約300g入ります。 キッチン周りのストックに、何かと使い勝手の良い大きさです。

AKATITI直営店

カリタ/Kalita ALL CLEAR BOTTLE 2...

コーヒー豆をインテリアに

フタまで透明で中身が見えるキャニスターは、コーヒー豆などをおしゃれに保存できます。 広口だからコーヒー豆が取り出しやすく、お手入れも簡単で実用的なところも魅力。

ガラス製で匂い移りが少なく、抗菌パッキンで衛生的です。 容量750mlのこのキャニスターは、コーヒー豆だと約250g入ります。 何かと使い勝手の良い大きさです。

AKATITI直営店

カリタ/Kalita ALL CLEAR BOTTLE 1...

コーヒー豆をインテリアに
フタまで透明で中身が見えるキャニスターは、コーヒー豆などをおしゃれに保存できます。 広口だからコーヒー豆が取り出しやすく、お手入れも簡単で実用的なところも魅力。 ガラス製で匂い移りが少なく、抗菌パッキンで衛生的です。

AKATITI直営店