close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

コーヒーを探す

2021年09月28日

コーヒー豆の産地、その種類と特徴

育った土壌(どじょう)や気候に味わいが大きく左右されるコーヒー。見た目はどれも似た茶褐色の豆でも、元々はワインと同じ「植物の果実」だったということに、思わず納得させられます。
日本でもおなじみのコーヒー、「キリマンジャロ」、「マンデリン」、「トラジャ」などは、すべて生産された場所・品種が特定されたコーヒーの銘柄です(※)。いわば、ご当地グルメのように、その土地と味わいが密接に関わってることを物語っているのです。

今回は、アフリカやアジア・オセアニア、中米や南米の赤道付近に集中する、代表的なコーヒーの産地と味わいの特徴をまとめてみました。産地ごとのおすすめのコーヒー豆もあわせてご覧ください。

  • 全日本コーヒー公正取引協議会「産地、品種、銘柄の区分及び範囲の例示」により、コーヒー豆が生産された地区、品種が特定されています。

〈アフリカ〉産地と特徴

大自然の印象どおり野性味あふれる個性的な風味が特徴です。

エチオピア

コーヒー発祥の地。香りの良さが堪能できるのがエチオピアのコーヒーの特徴です。標高1600メートル以上で生育するエチオピアのコーヒーは、寒暖の差が大きいため爽やかな酸味が生まれます。

主な農園地区グジ / ハラー / イルガチャフィ / コチャレ(コチョレ) / カッファ / ガレ / ベンチマジ

ルワンダ

国土の約9割が丘陵地で、“千の丘の国”と呼ばれるルワンダ。洗練された力強さを感じさせてくれる味わいが、ルワンダの代表的な特徴です。

主な農園地区ニャマシュケ / フエ

ケニヤ

標高5,000mを超える山々の麓に密集するコーヒー産地。ケニアのコーヒー豆は、深く煎っても香りや酸味を失いません。

主な農園地区ニエリ / キリニャガ / カラティナ

タンザニア

日本でも古くから知られる『キリマンジャロ』コーヒーの産地をもつタンザニア。近年、東アフリカのコーヒー品評会でも一位獲得しています。

主な農園地区ンボジ / キゴマ / タリメ / ンゴロンゴロ / ンベヤ

\ アフリカのおすすめコーヒー /

コーヒー豆を探す

〈アジア〉産地と特徴

湿潤な熱帯雨林の環境下で独特なコクが生まれます。

インドネシア

「マンデリン」の名前で広く知られるスマトラ島のコーヒーをはじめ、インドネシアのコーヒーは、苦味、酸味、アーシーさなどが焙煎の違いにより楽しめるのが魅力です。

主な農園地区スマトラ島・アチェ県 / スマトラ島・北スマトラ地区 / スラウェシ島 トラジャ地方 / スラウェシ島 カロシ / ジャワ島

\ アジアのおすすめコーヒー /

コーヒー豆を探す

〈中米〉産地と特徴

様々な自然環境により個性豊かな風味を各国で楽しめます。

グアテマラ

日本でも定番の銘柄グアテマラのコーヒーは、スッキリとした感覚が特徴的な味わいです。

主な農園地区サンタロッサ / バレンシア / ウエウエテナンゴ / アカテナンゴ / アンティグア

コスタリカ

世界のコーヒー生産国の中でも「コーヒーの先進国」として有名なコスタリカ。山の急斜面に広がるコーヒー農園の多くは、全て人の手によって収穫されています。

主な農園地区タラス / ロスアンへレス

ホンジュラス

バランスよく、中南米産らしいきれいな酸味がホンジュラスの特徴です。

主な農園地区コマヤグア

\ 中米のおすすめコーヒー /

コーヒー豆を探す

〈南米〉産地と特徴

世界最大の生産国ブラジルを代表する南米。甘くやわらかい風味が特徴です。

コロンビア

ボディも味もしっかりしているのが一般的なコロンビア産コーヒーの特徴です。

主な農園地区ウエウエテナンゴ / ナリーニョ / サンタンデール / ウイラ / ブカラマンガ

ブラジル

コーヒー大国ブラジル。ブラジルのコーヒー豆の特徴は、ナッツ感や穀物のような風味。世界一の生産国では機械化の進んだ大規模農園での近代的な栽培方法が主流になっています。

主な農園地区サンアントニオ / サンジョアンダボアビスタ / 南ミナス / ミナスジェライス

エクアドル

インスタント向けのロブスタ種が産業の多くを占めるため、上質な豆はとても希少。

主な農園地区マナビ

\ 南米のおすすめコーヒー /

コーヒー豆を探す

akatiti

488

2

世界のおすすめコーヒー豆

ヴィーニョ・ティント(ブラジル)

コーヒー大国ブラジルが見せる新しい味わいとの出会い
ポルトガル語で赤ワインを意味するその名が示す通り、ワインを彷彿とさせる妖艶な香りが特徴のコーヒー。「その気になればこんなこともできますけど?」とでも言われているようなブラジルの底知れなさを垣間見られる味わいです。

艮珈琲店

ショコラータ(コロンビア、ブラジル、タンザニア)

いつ飲んでも飲み飽きないバランスの良さ
カカオのような滑らかで柔らかい口当たりが特徴。おすすめのフィルターとコースの組み合わせでショコラータが持つカカオのような味わいがしっかり抽出されます。クッキーなどの焼き菓子と合わせるとショコラータのマイルドなコクが甘さを引き立ててくれます。

いつか珈琲屋

コーヒー豆4種類飲み比べセット

人気商品を少量ずつ。飲み比べできる特別限定セット
パナソニックの全自動コーヒーメーカー「NC-A56」「NC-A57」の4通りの抽出メニューから、コーヒー豆に最適なメニューをご提案。こだわりの豆を最適な抽出でお召し上がりください。

Coffee SAKURA

マンデリン(インドネシア)

マンデリン特有のコクと香ばしさを感じるコーヒー
深いコクと香ばしさが際立つコーヒーです。スイーツもチョコ系の濃厚なペアリングがおすすめです。Café de UN danielsの“九華ショコラ”とは相性抜群なので、合わせてお楽しみください。

Café de UN Daniels

ROKUMEI BLEND 100g(グアテマラ•ブラジル...

新たなコーヒーの一面に出会える、絶妙なバランスの良さ
お店の名前を冠した定番のブレンドコーヒー。毎日飲んでも飲み飽きない甘味、苦味、酸味のバランスを見極めた逸品。ミルクや砂糖は入れずに楽しみたい味わいです。

ROKUMEI COFFEE CO.

ボリビア(ボリビア)

希少なボリビアの豆を味わうチャンス
フローラルやシトラス系の爽やかさの中に、なめらかな口当たりと余韻にキャラメルのような甘さを楽しめます。

SUGIHARA COFFEE ROASTER

ナリーニョ 100g(コロンビア)

なめらかな口当たりと心地よい長い余韻
チョコレートやカカオの甘さの中にグリーンアップルの爽やかなフレーバーが特徴的なコーヒーチョコレートドーナツやクッキーなどと合わせてお楽しみください。また、ミルクとの相性も抜群です。

Barista Map Coffee Roasters

コーヒー豆2種類飲み比べセット

人気のマンデリンと珍しいミャンマーのアジア豆の2種類をセット
パナソニックの全自動コーヒーメーカー「NC-A56」「NC-A57」の4通りの抽出メニューから、コーヒー豆に最適なメニューをご提案。こだわりの豆を最適な抽出でお召し上がりください。

Café manna

豆香洞ブレンド(パプアニューギニア,グアテマラ,他)

ブラックはもちろん砂糖やミルクにも最適
豆香洞の看板ブレンドです。毎日飲んでも飲み飽きないように苦味、酸味、香り、コクのバランスときれいなあと口を重視して作り上げました。ブラックはもちろん砂糖やミルクにも良く合います。

豆香洞コーヒー

スイートチョコナッツブレンド(ブラジル)

チョコやナッツのような香りと甘い余韻
ブラジルの焙煎度違いの豆2種類を組み合わせた、まさに焙煎を楽しむブレンド。ネーミングのとおり、まるでチョコレートやナッツを食べたときのような香りと甘い余韻が楽しめます。ミルクとの相性もバッチリです。チョコレートや羊羹などしっかり甘みのあるスイーツのお供にいかかですか。

豆ポレポレ