close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付
  • HOME
  • 抽出器具
  • 誰でも手軽にコクのある一杯を。フレンチプレスの特徴と淹れ方

抽出器具

2022年01月16日

自宅で楽しむコーヒーの淹れ方

誰でも手軽にコクのある一杯を。フレンチプレスの特徴と淹れ方

コーヒーの抽出法のひとつ、「フレンチプレス」をご存じでしょうか。

縦に長い透明のポットのような形で、紅茶を淹れるときにも使われると聞くと、ピンとくる方もいるかもしれません。
「フレンチ」と名のつく通り、フランス生まれのこの抽出器具は、日本では紅茶用としておなじみですが、実はコーヒーのために作られました。

見慣れない特別な器具を前にすると、ちょっと難しそうに思えるかもしれませんが、むしろ初心者におすすめなのが、このフレンチプレスです。

お湯にコーヒー粉を一定時間浸したところで、フィルターを押し込み粉とお湯を分離させる。これが基本的な構造で、そのしくみはとてもシンプル。つまり、粉やお湯の量、抽出時間を守れば、レシピ通りのコーヒーの味を再現できると言われています。

コーヒーそのものの味わいを丸ごと楽しめるのも大きな特徴です。
フレンチプレスのフィルターは、金属製。一般的なハンドドリップで使われるペーパーフィルターやネル素材に比べ、メッシュ構造が大きいので、コーヒーがもつ油分やコクがダイレクトに残ります。

フレンチプレスの金属製フィルター

ちょっといつもより上質な豆を手に入れたけれど、おいしく抽出できるかちょっと心配。そんなときも、シンプルでテクニックに左右されないフレンチプレスはぴったりです。

ここでは、「BODUM(ボダム)」のフレンチプレスコーヒーメーカーを使った、おいしい淹れ方をご紹介します。
ボダムは、1944年にデンマークのコペンハーゲンで生まれたキッチン雑貨ブランド。北欧らしいスタイリッシュなフォルムと、すぐれた機能性とのグッドバランスは、世界中で愛されています。

レシピ(2杯分)

お湯約300ml※ 温度92〜96℃
コーヒー粉20g弱(粗挽き)※ 付属のスクープですり切り一杯が7g

下準備として、空の状態に一度熱湯を注ぎ、器具を温めておくとコーヒーの温度が下がりにくく、よりおいしいコーヒーに。カップも一緒に温めておきましょう。

BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー
BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー

プランジャー(ふたについたレバー)を引き上げフィルターを取り出し、コーヒー粉を入れます。ここで使うのは、必ず「粗挽き」(ざらめ糖以上の大きさ)です。メッシュが大きいため、コーヒーのなかに微粉末が多く残ってしまいます。

BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー
BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー

お湯を分量に合わせて注ぎ、ゆっくりとかき混ぜます。

BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー

プランジャーを乗せ、このまま4分放置します。このとき、プランジャーは乗せるだけです。レバーを押し下げてしまわないよう気をつけてください。

BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー
BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー

4分経ったら、蓋をしめ、ゆっくりと静かにプランジャーを押し、フィルターを下げます。コツは、急いで力を込めずに、ゆっくりと下げること。そうすることで、よりおいしいコーヒーになります。

BODUM(ボダム)フレンチプレスコーヒーメーカー

これで完成です。
温めたカップに注いで、コーヒーのもつコクや力強さ、香りを存分に楽しんでください。

もっと軽めの味にしたいときは、粉の量を減らす、またはお湯の温度を少し下げてみてください。反対に、強くしたいときは、粉の量を増やす、もしくはお湯の温度を上げると調整が可能です。今回は、抽出時間を4分にしましたが、こちらもいろいろ試しながら、好みの味を見つけてみてください。

フレンチプレスで淹れるコーヒーは、構造上、どうしてもわずかな微粉が混じりますから、ざらつきが気になる場合は、最後まで注ぎ切らないようにするのがおすすめです。

こうしてみると、意外にも簡単に思えませんか。
「おいしいコーヒー」というゴールはひとつでも、そのプロセスはさまざまです。今日の気分やシーンに合わせて、コーヒー豆の種類や味わいだけでなく、抽出方法も選んでみるのはいかがでしょう。

構成・文/藤沢あかり

akatiti

4069

3

\おすすめのコーヒーミル/

AKATITI直営店

カリタ/Kalita コーヒーミルKH-3N(ナチュラル) ※〈The Roastオリジナルロゴ入り〉

3,300円(税込)

硬質鋳鉄製のカッターが採用されたこのミルは、お求めやすい価格でありながら、高い品質の本格的な手挽きミルです。木の優しい色合いと感触で、コーヒー初心者にも扱いやすいのが特徴です。ハンドルをゆっくりと廻せば、ゴリゴリと豆を挽く振動とともにお気に入りのコーヒー豆の豊かな香りに包まれることでしょう。

  • 材質:カッター=硬質鋳鉄製、本体・握り手=木製、ホッパー・ハンドル=鉄製
  • 生産国:台湾
  • サイズ(mm):約170×85×205
  • 重量:540g
  • The Roastオリジナルロゴの刻印入り

商品購入サイト

AKATITI直営店

ハリオ/Hario 電動ハンディーミル(スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー)

14,080円(税込)

電動と手挽きの2WAY。

通常の手挽きミルとしても、電動のミルとしても、シーンに合わせて使い分けることができます。浅煎りの硬い豆にも負けないパワーを持つモーターが、これまでの手挽きコーヒーミルの手間と時間を解消しました。
コンパクトなサイズとリチウムイオン蓄電池式で持ち運びも可能なため、「どこでも」好きな場所で挽きたての香りとコーヒーを楽しめ、周りの人をもてなすことができます。
ミルの臼部分は洗うことができます。

商品詳細
  • 品番:EMSG-2B
  • カラー:ブラック
  • 製品サイズ(mm):幅59×奥行53×高332
  • 容量:コーヒー粉24g
  • 重量(個箱含む):約1,100g
  • 材質(電動モーター部・アタッチメント):本体=ABS樹脂、充電ジャックフタ=シリコーンゴム、ソケット=スチール、シール=PET樹脂、グラインダー専用ホルダー=メタクリル樹脂
  • 材質(コーヒーミル部):本体・フタ=メタクリル樹脂、ハンドルツマミ=ポリプロピレン、ハンドル・シャフト・スプリング=ステンレス、バンド=シリコーンゴム、臼=セラミック、臼座・調節ツマミ=ナイロン
  • 原産国=中国製
送料について
  • 全国一律:税込1,100円(但し、北海道・沖縄は税込1,650円)
  • ※送料込み商品を除き、ショップ内でのお買い物が合計5,500円(税込)以上で全国送料無料

商品購入サイト

AKATITI直営店

ハリオ/Hario セラミックコーヒーミル・スケルトン

3,850円(税込)

丸洗いができるセラミックコーヒーミル

臼はセラミック製、金属部はステンレスを使用していますので、丸洗いができます。フタをすればコーヒー粉の保存容器に。
ミル本体はフタの上に重ねられるので、小スペースで収納できます。滑り止めカバー付きなので安定してコーヒー豆を挽くことができます。

商品詳細
  • 品番:MSCS-2B
  • カラー:ブラック
  • 製品サイズ(mm):幅172×奥行93×高231
  • 容量:コーヒー粉100g
  • 材質:フタ・ホッパー・グリップ=ポリプロピレン、臼=セラミック、ハンドル一式=ステンレス、滑り止めカバー=シリコーンゴム
  • 原産国=日本製(ガラス)、中国製(ミル一式・保存フタ・滑り止めカバー) ※この製品は日本で品質管理し、組み立てたものです。
送料について
  • 全国一律:税込1,100円(但し、北海道・沖縄は税込1,650円)
  • ※送料込み商品を除き、ショップ内でのお買い物が合計5,500円(税込)以上で全国送料無料

商品購入サイト