close

メンバー登録は無料です

メンバー登録すると、招待状が届きます。

アカチチは、コーヒーのおいしさを伝えるライフスタイルマガジンです。

記事の執筆には、コーヒー業界にとどまらず各界で活躍するさまざまな方をナビゲーターとして迎え、コーヒーにまつわる出来事を様々な角度からお伝えしていきます。ナビゲーターから、他では得られない招待状もお届けします。

利用規約 を確認してください。

LINEアカウントを利用して登録を行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

コーヒーのこと

2018年10月19日

いつか珈琲屋の近藤啓と申します。

近藤啓

こんにちは。初めまして。いつか珈琲屋の近藤啓と申します。

私は、神奈川県平塚市にある、いつか珈琲屋というお店でコーヒー豆の焙煎をする”ロースター”として働いています。なぜ、コーヒー、それも焙煎というものに興味を持ったかというと、自家焙煎珈琲店を巡るようになったことがきっかけでした。

自家焙煎コーヒー店めぐり

私は中学生くらいの頃からコーヒーを飲みはじめました。インスタントコーヒーからはじまりパックコーヒーを経て、自分で器具を使いコーヒーを抽出するようになり、コーヒー豆を買える店を探すようになっていきました。
そんな中で、いわゆる自家焙煎珈琲店を巡るようになりました。自家焙煎珈琲店とは文字通り自分で焙煎した豆を販売しているお店のことです。ちなみにいつか珈琲屋も自家焙煎珈琲店です。

自家焙煎珈琲店には必ず焙煎機があります。いくつかの自家焙煎珈琲店では、焙煎機が店に来たお客さんにも見えるようになっているところがあります。そして、私はしばしば、そういったお店の中で、焙煎機と焙煎機を操るロースターに釘付けになりました。ザッザッと音をたてて焙煎機の中をまわるコーヒー豆と、ときおり少し難しそうな表情をしながら、スプーン(焙煎中のコーヒー豆の様子を確かめることのできる匙)を引き抜き、コーヒー豆を確認するロースター。一体、あの焙煎機の中でコーヒー豆に何が起きているのか?という疑問から焙煎が気になって仕方なくなっていきました。

さらに焙煎によって、同じコーヒー豆であっても最終的な味わいが大きく変わってくるということを知り、自分でも焙煎をしてみたくて仕方がなくなりました。そんなことがきっかけで焙煎機を使って焙煎を始めたのが約7年ほど前、今の職場、いつか珈琲屋ででした。

今年は、ご縁があって台湾でワーキングホリデービザを利用して、コーヒー関係の仕事をさせてもらいながら、コーヒーや焙煎のことについて学んでいます。9月で台湾を拠点とする活動は一旦終えて、拠点を日本のいつか珈琲屋に戻しますが、今年中にも台湾は再訪予定で、台湾で私が見聞きしたことについてもこちらで少しずつご紹介できたらなと考えております。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

近藤啓

店内の様子。焙煎機を前にして。奥の小さな焙煎機はサンプルロースター。

近藤啓

2017年に参加したWCRC(ワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ)でのカッピング風景。

はじめに知りたいコーヒーのはなし

「コーヒーって、ちょっとむずかしい」「コーヒー豆の選び方がわからない」。そう感じたら、ぜひここをのぞいてみてください。おいしいコーヒーを楽しむためのお話を、わかりやすくまとめました。

特集ページ

Hiraku Kondo

1301

2

いつか珈琲屋のおすすめコーヒー豆

いつか珈琲屋

濃潤 フレンチロースト 200g

1,728円(税込)

濃厚なコクとほろ苦さがたまらない深煎りの定番コーヒー。
深煎りですが嫌な苦さはなく、しっかりとした飲みごたえと甘みも感じられます。
そのままはもちろん、アイスコーヒーやカフェオレにしても美味しく飲んでいただけます。

焙煎度合い
  • 深煎り(フレンチロースト)

商品購入サイト

いつか珈琲屋

インドネシア マンデリン ブルーリントン 200g

2,160円(税込)

とろりとしたなめらかな食感と濃厚なコク。 ハーブのような香りがほんのりと感じられ上品な印象になっています。 インドネシアのスマトラ島北部でとれたコーヒー豆をマンデリンと呼ぶのですが、個人的にその中でもリントン地区でとれたコーヒー豆は質が高く美味しいものが多いです。 このブルーリントンは、現地での精製の段階での入念なハンドピックと管理された乾燥工程を経て作られており素材の良さをしっかりと感じていただけます。

  • エリア:リントン ニフタ地区 
  • 標高:1,200~1,400m 
  • 品種:アラビカ種/ティピカ亜種他 
  • 精製方法:スマトラ式 

商品購入サイト

いつか珈琲屋

ショコラータ(コロンビア、ブラジル、タンザニア)

2,058円(税込)

いつ飲んでも飲み飽きないバランスの良さ
カカオのような滑らかで柔らかい口当たりが特徴。おすすめのフィルターとコースの組み合わせでショコラータが持つカカオのような味わいがしっかり抽出されます。クッキーなどの焼き菓子と合わせるとショコラータのマイルドなコクが甘さを引き立ててくれます。

商品購入サイト